2022/07/27

ケールSD「ハーラーの手術はうまくいった」

 ボルシア・ドルトムントのセバスチャン・ケールSDは、先日に精巣へ腫瘍が確認されたセバスチャン・ハーラーが、無事に摘出手術を受けていたことを明らかにした。「幸いなことに本日、無事に手術はうまく行われており、非常に順調に進んでいるということはできる」

 ただクラブ公式にて同SDはそれ以上の詳しい説明は避けており、実際にクラブ公式にて公開されたこの動画は先週土曜、夏季合宿先にて撮影されたもののため手術は数日前に行われたことが推測される。離脱期間等は特に明かされていない。
 
 ケール氏は「我々はもちろん試合に勝利するために戦うものではあるが、その一方でそれ以上に大切なこともまた存在する。セバスチャン・ハーラーにとっては彼の家族や彼の健康は、ゴールを決めることよりもずっと大切なものなんだ」と語った。
 

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース