2022/8/03

ドルトムント、ハーラーの穴埋め役を「できれば8日〜10日の内に」

 ボルシア・ドルトムントでは先日、精巣に腫瘍が確認されたために、無事に手術を終えた新戦力、セバスチャン・ハーラーの穴埋め役となりうる選手の獲得を検討している。

 これはドルトムントのヴァツケCEOが『Sportschau』とのインタビューにて明らかにしたものであり、「17歳のユスファ・ムココに全てを託すのは少しやりすぎだろう」と説明。「だから我々は人事面に関して、さらに動きにでると思う」と言葉を続けた。

 「理想をいえばこれから8日から10日以内のうちに、何かアクションをおこせれば。市場における供給という点において、決して豊かな状況にあるとはいえないので、本当に良い解決策を見出すのは困難なものではあるがね」
 

ボルシア・ドルトムント の最新ニュース