2022/09/16

ゴールデンボーイ賞候補の中に、ドイツ人選手は4名

©️IMAGO/ULMER Pressebildagentur

 イタリアのスポーツ紙「トゥットスポルト」が2003年から毎年行なっている、21歳以下の欧州最優秀サッカー選手を表する『ゴールデンボーイ賞』の候補者40名の中に、バイエルン・ミュンヘンからはジャマル・ムシアラ、ボルシア・ドルトムントからはカリム・アデイェミ、そのドルトムンからアイントラハト・フランクフルトにレンタル中のアンスガー・クナウフ、そして1.FCケルンのヤン・ティールマンら、4人のドイツ人選手たちが名を連ねた。

 逆に6月に発表されていた100人の中に含まれていたルカ・ネッツ(グラードバッハ)、ラザール・サマルジッチ(ウディネーゼ)、マリク・ティルマン(バイエルンからレンジャーズにレンタル中)は選外ということに。ちなみに過去に同賞を受賞したドイツ人選手は、2011年のマリオ・ゲッツェただ1人しかいない。

 今回の最有力候補者はボルシア・ドルトムントに所属するイギリス人選手ジュード・ベリンガムと、レアル・マドリードに所属するフランス人選手のエドゥアルド・カマヴィンガであり、1年前にはFCバルセロナに所属するぺドリが受賞。今回も候補者の中に同選手の名前は含まれている。

 なおその前年度には当時ドルトムントのエルリング・ハーランドや、2017年にはキリアン・エムバペ、2005年にはリオネル・メッシ、2004年にはウェイン・ルーニーらが受賞してきた。

Bundesliga Bundesligaの最新ニュース