2022/09/19

シュトゥットガルト、ザガドゥの獲得は週初めに

©️IMAGO/Team 2

 本来ならば本日の日曜日にもVfBシュトゥットガルトでは、ダン=アクセル・ザガドゥのメディカルチェックを行う予定となっていたものの、どうやらそれは明日月曜日へとずれ込むことになったようだ。これまでフリーの状況が続いていた23歳のフランス人センターバックについては、まさに夏にドルトムントが契約満了という判断を下したように、度重なる負傷に見舞われてきたその背景を考慮し、あくまで慎重にメディカルチェックを行いたい考えがあるのだろう。

 名門パリ・サンジェルマンで育成され、18歳でドルトムントへと渡った、196cm/90kgという恵まれた体格をもった同選手は、さらにビルドアップにも長けた、左利きの選手であり、ブンデス60試合以上に及ぶ経験と、伸びしろをもった若さという武器ももち合わせる。だが何といってもそのキャリアを幾度となく中断させてきた負傷が気がかりなところであり、シュトゥットガルトとしては選手自身の体調面における安定化から、チームのディフェンス面における安定化をもたらしてもらいたいと考えているところ。

 シュトゥットガルトがここまで採用している3バック、マヴロパノスとアントン、伊藤洋輝については選手層は厚くなく、定位置争いの激化や離脱時における穴埋めなどの問題に向けて、すでに今夏に補強を目指していた背景がある。特に1週間前にはバイエルンを相手に2−2と勝ち点確保への奮闘をみせながら、翌週のフランクフルトとの一戦では1−3という「選手、コーチら、誰にとっても驚くべき、勝つための活力と集中力が欠けていたパフォーマンス」を露呈したチームの立て直しに向け、マアラッツォ監督としてはチーム内における刺激、そして選択肢を増し柔軟な対応をより果たせるようにしていきたい。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース