2022/09/22

ドルトムント、スカウト体制を再編成。これからは3人で

©️IMAGO/Kirchner-Media

 ボルシア・ドルトムントのチーフスカウトのポジションについては、2017年にスウェン・ミスリンタト氏がFCアーセナルへと渡った際に、その後を受け継いだマルクス・ピラヴァ氏がこの夏をもって退団して以降、ここまで空位の状況が続いていた。だがスカイやSport1が既に報じていたように、セバスチャン・ケールSDはクラブ内で解決策を見出しているようだ。

 それによれば今回は1人に責任を負わせるのではなくむしろ、分散させていく形で今後はチームとしての部門運営を行なっていくことになる。その構成としては長年ボルシア・ドルトムントでスカウトを務めてきたエドゥアルド・グラフ氏が昇格しつつ、6月にミュンヘンから加入したローラン・ブッサー氏、さらに引き続き若手選手を担当するセバスチャン・クルーク氏の三人体制となる。

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース