2022/09/22

ドイツ代表:ゴレツカに代わりアーノルドを追加招集も、今度はブラントが離脱

©️imago images/picture alliance

 ドイツ代表ハンジ・フリック監督は、レオン・ゴレツカの離脱を受けてVfLヴォルフスブルクから、マキシミリアン・アーノルドの招集を判断した。28歳のMFはすでにドイツ代表が滞在中のフランクフルト近郊グラーヴェンブルフに向かっており、本日中にも合流する予定で、一方で水曜に行われたヴォルフスブルクの練習では姿をみせていない。

 ドイツ代表では前述のレオン・ゴレツカのほか、主将マヌエル・ノイアーからもコロナ陽性反応が確認されており、すでにGKではTSGホッフェンハイムからオリヴァー・バウマンを追加招集。そしてアーノルドによってゴレツカの穴も埋められたところだったのだが、さらにユリアン・ブラントもまた既に合宿地を後にしているという。

 こちらについては「インフルエンザのような症状のため」とドイツサッカー連盟からは説明がなされており、コロナ検査の結果では陰性が確認されているとのこと。ブラントに代わる選手を追加招集するかについてはまだ不明となったままだ。

 アーノルドにとって今回はドイツ代表3回目の招集となり、代表では通算3試合でプレー。2014年ブラジルW杯直前のポーランド戦にてデビューを飾り、2021年末のワールドカップ予選リヒテンシュタイン戦、そしてアルメニア代表戦が最後ということになった。

 なおドイツ代表はこれからまず金曜日に、ドイツのライプツィヒにて現在グループリーグ首位に立つハンガリー代表と、そして月曜日には敵地のウェンブリースタジアムへと乗り込み、イングランド代表戦へと臨む。

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース