2022/09/27

ドルトムント:ブラントとゲレイロが練習復帰、コーベルとエズカンは休養

©️IMAGO/Kirchner-Media

 週末に控える1.FCケルンとのアウェイ戦に向けて、火曜日から今週の練習を再開したボルシア・ドルトムントのエディン・テルジッチ監督。そこには代表戦の影響もあって13選手のみの参加となっていたが、ただそこでラファエル・ゲレイロとユリアン・ブラントの姿が見受けられていたことは朗報である。ポルトガル代表MFは筋肉系の問題により、そしてドイツ代表MFはインフルエンザの症状によりそれぞれ休養を余儀なくされていたのだが、これにより次節では再び戦列に加わることができるだろう。

 その一方で先発GKグレゴール・コーベルと、サリフ・エズカンについては、引き続き練習参加が見送られた。前者は筋損傷を抱えており、後者については足の問題でトルコ代表参加を急遽見合わせており、コーベルは今週中に復帰の予定ながら、まだ両選手とも次節での出場は厳しい状況にあるとはいえる。なおドルトムントでは療養中のセバスチャン・ハーラー、肩を手術したマフムード・ダフードとジェイミー=バイノー・ギッテンス、半月板損傷のマテオ・モリー、足首の靱帯を損傷したマルコ・ロイスはいずれも欠場が確定。ドイツU21代表に参加していたユスファ・ムココは首の捻挫のため早期離脱、筋肉系の問題を抱えつつベルギー代表に参加していたトルガン・アザールは、最終的に代表での出場は見送られた。

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース