2022/09/30

ブンデス平均年齢ランキング:遠藤航が最年少チームを牽引

 今シーズン、ブンデスリーガではどのクラブが、最も若い選手たちをピッチに送り込んでいるのだろうか?そして逆に最も経験豊富なチームを送り込んでいるのは?以下、ランキング形式で一覧にてチェックしていこう。

【18位:VfLボーフム】29.1歳(22選手出場)
※浅野拓磨所属

【17位:1.FCウニオン・ベルリン】28歳(23選手出場)
※原口元気所属

【16位:FCシャルケ04】27.4歳(24選手出場)
※吉田麻也所属

【15位:FCアウグスブルク】27.1歳(21選手出場)

【14位:ボルシア・メンヒェングラードバッハ】27歳(21選手出場)
※板倉滉所属

【13位:TSGホッフェンハイム】26.8歳(20選手出場)

【12位:SCフライブルク】26.7歳(21選手出場)
※堂安律所属

【11位:1.FSVマインツ05】26.5歳(21選手出場)

【10位:バイエルン・ミュンヘン】26.4歳(21選手出場)

【7位:ボルシア・ドルトムント】26.3歳(22選手出場)

【7位:ヘルタ・ベルリン】26.3歳(22選手出場)

【7位:アイントラハト・フランクフルト】26.3歳(22選手出場)
※長谷部誠、鎌田大地所属

【6位:RBライプツィヒ】26.2歳(23選手出場)

【5位:1.FCケルン】25.8歳(23選手出場)

【4位:バイヤー・レヴァークーゼン】25.6歳(24選手出場)

【3位:VfLヴォルフスブルク】25.2歳(23選手出場)

【1位:VfBシュトゥットガルト】23.9歳(23選手出場)
※遠藤航(主将)、伊藤洋輝所属

Bundesliga Bundesligaの最新ニュース