2022/10/08

ハマン氏が語るドルトムントのCF問題、モデスト、ムココ、CR7。

©️IMAGO/Laci Perenyi

 この夏にエルリング・ハーランドの穴埋め役として獲得した、セバスチャン・ハーラーが病気により長期離脱へと陥った際、解説者を務めるディディエ・ハマン氏であれば、クリスチアーノ・ロナウドの獲得に動いたであろうとの見方を示した。「まさに彼が今のドルトムントに欠けているものだと思うからね」だが年齢や、その大きな自信に関する問題は?「彼は好きなだけ気取ればいいさ」とキッカーに対してハマン氏。「彼は世界的なサッカー選手であり、チャンピオンズリーグを6度も制しているんだ」

 最終的にドルトムントは隣のケルンから、アンソニー・モデストを迎え入れることになるのだが、ただここまでは決してその思惑通りにいっているとは言い切れない。確かにハマン氏の目からみても「クロスが問題」だった点は認識しており、むしろ問題点はもっとドルトムントがモデストに合わせていくべきだとみる。「彼はクロスを受けられる場所にいない。チームメイトが彼を見つけることができないんだ。仮に見つけられたとしても、それは得点を狙えるようなところではないんだよ」

 そのため今回のバイエルン戦でも引き続き先日のセビージャFC戦と同様、ドルトムントとしてはユスファ・ムココを引き続き先発起用すべきだとみる。シャルケでのダービーでもヒーローとなっており「これで今は外せない。そうなればもう契約延長もなくなるだろう」という側面や、またプレーとしてもそのスピードは大きなアドバンテージになると見ており、そこでアデイェミ、マレン、ムココの起用を提言した。「バイエルンを慌てさせるにはスピードが必要だ」

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース