2022/11/07

CL16強:組合せ結果と、ドイツ勢のコメント集

©️imago images/Shutterstock

 月曜午後にチャンピオンズリーグ16強く見合わせ抽選会が行われ、ブンデスリーガ勢4クラブはいずれも、強豪クラブと8強入りをかけて戦うことが明らかとなった。以下、組み合わせ抽選結果とともに、関係者各位のコメントを掲載。

ライプツィヒvsマンチェスターC
フランクフルトvsナポリ
ドルトムントvsチェルシー
パリSGvsバイエルン
リヴァプールvsレアル
ACミランvsトッテナム
インテルvsFCポルト
クラブ・ブルッヘvsベンフィカ

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:バイエルン):「完璧なグループステージを過ごすことができたにもかかわらず、その報いを今回は得られることができなかったよ。パリもまた同じで、我々との対戦を特に歓迎しているわけではないだろうが。対戦はこれからまだ比較的先の話ではあるものの、とにかくパリ・サンジェルマンは厳しい対戦相手であることは間違いないね」

ハサン・サリハミジッチ(SD:バイエルン)「絶対的な世界的スターを擁する、世界最高のチームである最高峰のチームとの対戦だ。楽しみにしているよ。全てのサッカーファンにとって贅沢な戦いだとも思う。我々はグループリーグでとても良い仕事をしていた。チャンピオンズリーグでは絶対的なトッププレーヤーのいるチームを相手にしても、我々は無敗で切り抜けることができており、楽しみにしているところさ。これはまさにサッカーファンが待ち望んでいるカードだと思う」

キングスレイ・コマン(MF:バイエルン)「ほぼ決勝ともいえる戦いではないだろうか。でもこれもまた受け入れるしかないものだよ。今回卓越した個のちからをもつ、非常に難しい相手との対戦ということになる。2020年の決勝では僕たちが優勝を果たし、そして2021年の準々決勝では惜しくも僕たちは敗戦してしまった。だから次は僕たちの番が巡ってくると思う」

エディン・テルジッチ(監督:ドルトムント)「我々と待ち受けているのは、2021年度のチャンピオンズリーグ王者となった、プレミアリーグのトップチームだ。ピエル=エメリク・オーバメヤン、クリスチャン・プリシッチといった、少し前に在籍していた2人との再会も果たせるよ。クラハム・ポッター監督は非常に親しい友人であり、同僚との戦いを楽しみにしているところさ。チャンピオンズリーグではこのような魅力的な相手と対戦できる場。それでも我々は次のラウンドに勝ち進めるよう、全力を尽くしていく」

マルクス・クレーシェ(SD:フランクフルト)「16強での対戦相手となれば、それは明らかにチャレンジとなることはわかっていたことだ。ナポリは本当にいいチームであり、素晴らしいシーズンを過ごしているところ。手強い相手だ。だがそれは想定できていたことでもある。相手も決して我々を軽んじてみているということはないだろう。ナポリだって我々との対戦結果を諸手を挙げて喜んでいるわけではないだろうさ」

ヴィリ・オルバン(CB:ライプツィヒ)「マンチェスター・シティは最も難しい抽選結果といえるものだろう。それは皆も承知のことと思う。誰だってそこまで喜べるものではない。でも僕たちはこれを1つの挑戦であるととらえている。実際に昨年は僕たちの実力を示すことができていたのだから。ただシティには信じられないような個人のクオリティが備わっており、エルリング・ハーランドの獲得で更なる強化を遂げてる。まさにビッグクラブだよ」

フロリアン・ショルツ(スポーツ・コマーシャル・ディレクター兼CMO:ライプツィヒ)「世界最高のクラブとの対峙だ。マンチェスター・シティは大きな挑戦ではあるが、ただそれと同時にエキサイティングな非常に魅力的な対戦相手でもある。グアルディオラ監督率いるこのチームは、ハーランドやデ・ブライネをはじめ、数多くのトッププレーヤーを擁するクラブであり、優勝候補の1つだ。前回のチャンピオンズリーグでシティを知っているし、最近でのレアル・マドリード戦のみならず、我々に非常にうまくことが運べばこのような絶対的トップクラブを相手にしても、対峙できることは証明してきている。16強入りすれば、もっと勝ち進みたいという欲もでてくるというもの。それを皆で目指していきたいね」

Bundesliga Bundesligaの最新ニュース