2022/11/10

マッツ・フメルス、バックアップ要員でも「ドイツのため役割を果たす」

©️IMAGO/Hübner

 木曜日には遂に今月開催のカタール・ワールドカップに向けた、ドイツ代表メンバー26名が発表されることになるが、そこで選出への希望を抱いている選手の1人が、ボルシア・ドルトムントのマッツ・フメルスだ。2021年6月29日に行われたユーロ2020にて、イングランドを相手に敗退を喫した試合を最後に、ここまで代表から遠ざかっているベテランDF。かつてはトーマス・ミュラー、ジェローム・ボアテングらと共に、当時のレーヴ代表監督から2019年3月に構想外となり、その後の長期的議論へと発展していた中での復帰という経緯もある。

 果たして今回のワールドカップでも引き続き、フメルスはこの大舞台に立つことができるだろうか?「わからないね。でも遅くともそれは、木曜までにははっきりすることでもあるさ」と、同選手は火曜夜に開催されたヴォルフスブルク戦後にスカイに対してコメント。いずれにしてもフリック監督からは「選出されてもされなくても、連絡を受けるとは思う」と述べており、仮にバックアップ要員としての選出であっても、それをフメルスは明確に受け入れる姿勢も強調した。「僕は自分に役割が与えられるならば、それをできる限り果たす用意があると、はっきりと伝えているよ」

 仮に今回で代表復帰を果たせるとするならば、それは「夏にはいろんなことに一生懸命にとりくんできた」33歳のセンターバックにとって、今季ブンデス12試合に出場してkicker採点平均2.95、チャンピオンズリーグでは2.35という好パフォーマンスに繋げたをの報いともいえるだろう。「ぜひドイツ代表の一員としてプレーしたい。でもフリック監督が別の選手を選んでもそれもまた非常にいい選手だよ。その時は僕は後半戦に向けてベストの形で取り組むし、もしも参加できるなら力の限りを尽くすさ」と意気込みをみせた。

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース