2022/11/10

ドイツ代表まもなく発表:悲運のエース、ロイスは今回も欠場か

©️IMAGO/Team 2

 すでにスカイにて第一報が伝えられているが、kickerでも確認した情報によるとボルシア・ドルトムントのマルコ・ロイスは、もう間も無くして発表されるカタール・ワールドカップに向けた、ドイツ代表メンバーには含まれていないようだ。シャルケとのレヴィアダービーにて足首を負傷して以降、長期離脱に入ったロイスはこれまで2度短時間でのカムバックを果たすも、その度に患部に痛みが生じて再離脱。これによりロイスは通算4度目となるビッグトーナメント欠場ということになりそうだ。

 特に最終的にドイツ代表が優勝を果たした2014年には、アルメニア代表とのテストマッチで靭帯結合部の損傷など重傷を負い離脱となったのは記憶に新しい。さらにその後の2016年のユーロも内転筋の問題で、2020年のユーロでは「体力の回復のため」にそれぞれ辞退。そもそも2010年8月に代表初招集を受けるも、怪我にたびたび見舞われてデビューは1年近く延期された経緯もあり、この11年でロイスが代表で出場した試合数は「48試合のみ」(28得点)にとどまる。逆に言えば、出場できなかった公式戦の数の方が上回っているということだ。

 とりわけ今回の不参加はフリック代表監督にとっても頭の痛い問題であろう。フリック監督下ではドイツ代表FWとして主力を担っていた、RBライプツィヒのティモ・ヴェルナーが負傷のために離脱となった上に、先日にはVfLヴォルフスブルクのルーカス・ヌメチャも負傷で欠場することが明らかとなったばかり。

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース