2022/12/03

ガーナ代表アッド監督が退任「ドルトムントの仕事を気に入っている」

©️imago images

 カタール・ワールドカップでガーナ代表を3試合に渡り率い、そして最終戦となったウルグアイ代表戦では敗戦を喫しグループリーグ敗退となった、ガーナ代表のオットー・アッド監督は「ワールドカップをもって退任することは、すでに明確となっていたことだ。私も家族も、今後はドルトムントにいることを考えている。ドルトムントでの自分の仕事を気に入っているし、たとえ今大会で優勝するようなことがあったとしても、それで終わるつもりだったのだよ。家族のことを考えての決断なんだ」と語った。

 かつてハンブルガーSV、1.FSVマインツ05、ボルシア・ドルトムントなどブンデスリーガ通算98試合に出場し(11得点)、ブンデス2部ではハノーファーで30試合に出場(7得点)をマークしていた同氏は、現在はそのドルトムントで若手の育成に従事。そんな中で2022年2月より、ガーナ代表の暫定監督へと就任。ワールドカップ出場を果たしたのみならず、グループリーグでも最終戦ドローで決勝トーナメント進出というところまで迫ったが、最終的にウルグアイ代表に0−2で敗戦を喫した。

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース