2022/12/26

欧州主要クラブ:2011年からの移籍金収支ランキング

©️imago images (3)

 『インターナショナル・センター・フォア・スポーツ・スタディース』(CIES)は、2011年から2022年までの主要20クラブについての移籍市場における財務結果を明らかにした。果たしていったいどのクラブが最大の利益を得ているのか、逆に最大の投資を行っているのか?結果や継続性とのバランスは?以下、利益別のランキング形式でチェックしていこう。(ただし金額には成果に応じたボーナスは含まれていない)

【ベンフィカ・リスボン】+5億3130万ユーロ

【FCポルト】+3億6770万ユーロ

【アヤックス・アムステルダム】+3億0080万ユーロ

【オリンピック・リヨン】+2億4850万ユーロ

【ボルシア・ドルトムント】+7070万ユーロ

【FCセビージャ】+5650万ユーロ

【ASモナコ】+1970万ユーロ(ただし11/12、12/13の2部時代は含まれていない)

【アイントラハド・フランクフルト】+1440万ユーロ

【FCシャルケ】+1480万ユーロ

【バイヤー・レヴァークーゼン】+3170万ユーロ

【アトレティコ・マドリード】−3770万ユーロ

【ボルシア・メンヒェングラードバッハ】−6020万ユーロ

【レアル・マドリード】−1億8270万ユーロ

【SSCナポリ】−2億510万ユーロ

【トッテナム・ホットスパー】−2億5480万ユーロ

【インテル・ミラン】−2億6390万ユーロ

【バイエルン・ミュンヘン】−3億6970万ユーロ

【FCリヴァプール】−3億8720万ユーロ

【ACミラン】−3億9720万ユーロ

【FCチェルシー】−4億4450万ユーロ

【ユベントス・トリノ】−5億1010万ユーロ

【FCチェルシー】−4億4450万ユーロ

【FCバルセロナ】−5億5040万ユーロ

【FCアーセナル】−5億6490万ユーロ

【パリ・サンジェルマン】−9億1170万ユーロ

【マンチェスター・シティ】−9億9810万ユーロ

【マンチェスター・ユナイテッド】−10億20万ユーロ

International Internationalの最新ニュース