2023/08/02

ドルトムントに朗報、シュロッターベックとコーベルは「軽傷」

©︎IMAGO/Team 2

 木曜日に行われたサンディエゴ・ロイヤルとのテストマッチにて、ボルシア・ドルトムントのニコ・シュロッターベックはタックルを受けた際に、左膝に問題を抱えたため後半81分に足を引きずりながら交代。土曜日には米国遠征を早期に切り上げてドイツでの精密検査に向かったが、ただ火曜日に明かされたその結果は思いのほかポジティブなものとなった。「軽傷のためにこの1週間はトレーニングはできません」

特に昨季後半戦では負傷に悩まされ、その間にベテランCBフメルスに定位置を奪われた結果、チームは猛烈な巻き返しで11年ぶりブンデス優勝まで後一歩に迫るなど、ドイツ代表としてのシーズンも含めて23歳のセンターバックにとっては不本意なシーズンとなっていただけに、その巻き返しを期す今シーズンの準備期間における離脱が、この程度で済んだことは選手自身にとっても尚更朗報だ。ただいずれにせよドルトムントではシュロッターベック、フメルス、ズーレとハイレベルの3人が控えているとはいえ、それに続くオプションについてはこの夏の補強テーマの1つになっている。

 またドルトムントでは同じく守護神グレゴール・コーベルからも朗報が届いているところ。日曜日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦にて負傷を抱えていた25歳のスイス代表だが、こちらもシュロッターベックと全く同じ「軽傷のためにこの1週間はトレーニングはできません」とのこと。ただ同じ試合で「スプリント中に筋損傷を抱えた」トーマス・ムニエは「数週間」の離脱となり、特にこの夏は売却候補となっていることからそちらへの影響についても懸念されるところ。

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース