2019/05/01

ドイツ代表アントニオ・リュディガーが半月板を損傷!


 アンドニオ・リュディガーから非常に残念な知らせが届いた。FCチェルシーに所属するドイツ代表DFは、日曜日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦にて膝を負傷、手術を受けることを余儀なくされており残りシーズンを全休することとなった。
 現在チェルシーはプレミアリーグにて4位争いを展開。残り2試合でチャンピオンズリーグ出場権獲得を争う展開となっている。さらにヨーロッパリーグではこれから、アイントラハト・フランクフルトとの準決勝が控えており、木曜日にはまずは敵地での初戦が行われるところだ。
 特にリュディガーは今回の対決にあたって「本当に楽しみだよ。ドイツ代表の海外組としてブンデスのクラブと国際舞台で戦うのはね。特別なことさ」と語っていたのだが、これだけにとどまらずにドイツ代表としても6月に控えているユーロ予選、2試合についても欠場を余儀なくされることになる。
 すでに手術を受けた同選手は、「シーズンの終盤でチームの助けとなれないことは残念だ」と肩をおとしつつも、「でも膝の手術はうまくいったし、今はまた前向きな気持ちをもっているところだ」と、自身のインスタグラムにて投稿した
 

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース