2022/7/14

トゥータ:長谷部の教え、ブラジル代表の夢、ヒンターエッガーの穴埋め


 この夏は特にマルティン・ヒンターエッガーの騒動に揺れることになった、アイントラハト・フランクフルト。最終的に29歳での突如の引退宣言で幕を下ろすことになったのだが、そこで更なるステップアップのチャンスをつかむかもしれないのが、22歳のトゥータである。
 今シーズンは3バックの中心としてプレーする可能性があるが、「このポジションにはとても大きな責任がある。ただここでさらに経験を積んでいくことがえきればキャリアアップにもつながるだろう。自分のポテンシャルを信じているし、ディフェンダーのどのポジションでも力を発揮できると考えている。ただ中心的な役割を担うことで、これまでとは異なることも求められることになるね」と語った。
 特にアイントラハト・フランクフルトの3バックの中心、リベロといえば現在38歳の長谷部誠が新境地を開拓したポジションでもある。「誠から学ぶことは本当にたくさんあるんだ。例えばトップ下のラファエル・ボレへのパスについては、すでにいろいろと話を聞いているところだよ。それに誠のスペースの埋め方は常にとてもシンプルにみえるものなんだ。彼はたくさんのことを教えてくれているし、これからもまだまだ彼から多くのことをまなんでいけるよ」
 その一方で去就が注目された今年の5月に、フランクフルトとの契約を2026年まで延長したことについては「感謝の気持ちに大きく関わっているんだ。自分の立場の構築と欧州でプレーする機会を与えてくれた素晴らしいクラブ。初日からホームで家族的な居心地の良さを感じているし、EL優勝、CL出場権獲得と昨季はファンタスティックなシーズンだった。自分を導いてくれたチームでCLに出られるなんて喜びもひとしおだ」と説明。
 その飛躍の先にあるのは、やはりブラジル代表入りということになるのだろうか?「チッチはメンバーを固定しているら可能性はないとみている。でもそういうことを気にしないで自分のやれることに集中するよ。CLはまた別物。これからどうなるかみていくさ」と語った。

 なおUEFAでは7月19日の日本時間21時より、UEFAスーパーカップのチケットを、ウェブサイトにて一般販売を開始。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの覇者同士の対決は、8月10日の午後9時(日本時間28時)より、ヘルシンキ五輪スタジアムにて開催。3万1500人が動員予定だ。
 

アイントラハト・フランクフルト の最新ニュース