2022/7/26

密接な繋がり:フランクフルトが11月にジャパンツアーを開催


 アイントラハト・フランクフルトは、11月のワールドカップ中断期間を利用して、日本ツアーを実施することを明らかにした。2022年11月13日から20日にかけて予定されており、つまりブンデスリーガ第15節の直後、カタールワールドカップ開催のため年度としては最終節となるこの直後に渡航し、日本では浦和レッズ(11月16日)、そしてガンバ大阪(11月19日)とのテストマッチを開催する。ちなみにブンデスリーガ再開は1月末。
 「アイントラハト・フランクフルトのブランディング・アンバサダーを務める、ウーヴェ・バイン氏や高原直泰氏、そしてブンデスリーガのブランディング・アンバサダーでもある長谷部誠氏が、天皇杯とスーパーカップ王者である浦和レッズに所属していた繋がりがあります」とクラブ側は説明。さらに現在フランクフルト周辺には約5000人の日本人が住んでおり、地域には日本から200社の企業が進出しているとのこと。この密接な繋がりをもつ「既存の橋を拡張していくには十分な理由」としている。
  そのためテストマッチに加えて「さらなる文化・地域イベントやファンイベント、メディか活性化策、史上横断的なB2Bネットワーキングイベント」などを開催。前述のバイン氏や長谷部誠、そして鎌田大地も「キャンペーン期間中に中心的な役割を果たす」ことになる。ただしジャパンツアーに鎌田が実際に参加できるかどうかはわからない。11月23日にドイツ代表との初戦で幕を開けるワールドカップには、鎌田大地も日本代表として参戦している可能性があるためだ。
 

アイントラハト・フランクフルト の最新ニュース