2022/09/06

フランクフルト、主将セバスチャン・ローデがCL初戦を欠場

©️IMAGO/Kessler-Sportfotografie

 クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ、その初戦となるスポルティング・リスボンとのホーム戦に向けて、セバスチャン・ローデは最後まで出場への希望を持ち続けていたが、しかしながら残念なことに今回の出場は見合わされることになった。

 週末に行われたRBライプツィヒ戦にて、31歳のMFは大腿の問題で交代を余儀なくされており、月曜日にクラブ側は改めて、そのローデが「大腿の筋肉を負傷したため、これからしばらくの間は離脱を余儀なくされることになります」と説明した。
 
 今シーズンのローデはここまで、リーグ戦5試合のうち第2節のみベンチで試合を見守ったが、それ以外の4試合では全て先発出場しており、1得点、1アシストを記録。キッカー採点平均では3.5をマークしているところだ。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース