2022/09/14

マルセイユvsフランクフルト戦で騒動、ナチスの敬礼ポーズもSNSで拡散

©️picture alliance/dpa

 チャンピオンズリーグ第2戦マルセイユvsフランクフルト戦にて、ファン同士による激しい暴動が発生。開催地であるスタッド・ヴェロドロームでは両クラブのファン同士が近かったこともあり、互いに火器類を互いの観客席へと打ち込む様子が見受けられており、これを受けて警察がフランクフルト側の観客席に配備される事態にまで発展。

 なおフランス通信社が地元当局に確認したところによると、観客席にいたあるドイツ人ファンがナチス式敬礼をする様子が確認されており、実際にそれはSNSで動画として拡散。また前日の月曜日からマルセイユではサポーターたちによる騒ぎが起こっており、花火や爆竹などが鳴らされ、市内中心部では乱闘のためドイツ人含む8人が逮捕。翌日にはさらに6人が逮捕されている。

 こういった背景もありフランクフルトサポーターは、マルセイユの地元当局より市内の一部地域への立ち入り禁止が命じられ、厳しい規制の中での移動を余儀なくされたものの、ただ市街地からスタジアムまでのバス移動に関しては、特に「何事もなく」無事に行われていたとのこと。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース