2022/09/15

フランクフルト:レシュケ取締役「マルセイユでの嫌な予感があたってしまった」

©️imago images (2)

 水曜日にアイントラハト・フランクフルトに届いた何よりもの朗報、それは昨晩に行われたチャンピオンズリーグ第2戦オリンピック・マルセイユ戦にて起こった暴動による被害が、それ以上に拡大していないという知らせに他ならない。クラブ公式TVにてフィリップ・レシュケ取締役は、「非常に重要なことだ」と改めて強調し、特に火器類が直撃し「その後に転倒して頸椎を損傷(更に肋骨3本骨折)した大怪我」を負ったサポーターについては、現在は容体は安定しており、現地で手術を受ける事になるという。輸送が可能な状態かについてはまだ不明とのこと。

 その一方で昨晩の騒動については「オリンピック・マルセイユというクラブを知っている者であれば、どういった事が予見できるかはわかるものだよ。我々もそうだったのだが実際にそれを目にすると、それはまた別物だよね。まさに不安が的中してしまった」とコメント。そんなマルセイユの状況に「嬉々として受け入れ火器類などを持ち込んでしまった我々のファンがいたこともまた確かなことなんだ」と言葉を続けており、最終的には今回の騒動によりアイントラハト・フランクフルトは、UEFAから無観客処分開催を命じられる危機に瀕することになってしまった。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース