2022/10/04

ゲッツェがトッテナム戦欠場、鎌田大地が前線にスライドか

©️picture alliance/dpa

 本来ならばグループリーグ2位争いを展開していくと見られていた、スポルティング・リスボンがトッテナム・ホットスパーを相手に勝利をおさめてしまったことにより、これから迎える「今も首位候補であることに代わりのない(グラスナー監督)」、トッテナムと戦いでアイントラハト・フランクフルトとしては、グループリーグ突破のために是が非でも勝ち点を獲得しなくてはならない。

 だが土曜日に行われた1.FCウニオン・ベルリン戦にて負傷交代を余儀なくされていた、マリオ・ゲッツェは欠場することが確定済み。右足首を捻挫した元ドイツ代表MFは月曜午前の最終調整も不在となっており、「まだ痛みが強すぎるのだ。彼はまだ万全の状態にはない」と指揮官は説明。ただ少なくともVfLボーフム戦には間に合う可能性は残されているようだ。

 これにより前述のウニオン戦ではダブルボランチの一角を占めていた鎌田大地が前にスライドする可能性が高く、その試合では温存されたジブリル・ソウが主将セバスチャン・ローデと共に先発出場する見込み。まだ股関節の問題で最近欠場していた、クリスティヤン・ヤキッチも復調。ルカ・ペッレグリーニに状態も考慮してそのまま右サイドに入り、アンスガー・クナウフが左を担当するかもしれない。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース