2022/10/12

フランクフルト、左サイド2選手が負傷欠場の事態に

©️picture alliance/dpa

 水曜夜に開催されるトッテナム・ホットスパー戦に向けた最終調整では、全ての選手が参加する様子が見受けられていたものの、一路ロンドンへと向かう飛行機には2選手が不在に。しかもよりによって同じ左サイドでプレーするアンスガー・クナウフと、ルカ・ペレグリーニという事態へと陥ってしまったのだ。後者は肩の負傷により、前者は大腿の筋膜の損傷でそれぞれ欠場を余儀なくされており、果たして誰が3バックのその左側のウィングを守ることになるかということ。特にここは昨季まで大黒柱、フィリプ・コスティッチが君臨していた場所なのだ。

 長谷部誠を中心とするヌディカとトゥータを加えたこの3バックは、ここ数週間での長谷部誠の起用により顕著に守備への安定化がみられており、週末は回復のために出場を見合わせたところ、グラスナー監督が採用した4バックは最下位ボーフムを相手に3失点で完敗を喫したばかり。右サイドについてもボランチを本職とするクリスティヤン・ヤキッチの起用が見込まれ、左サイドバックはそれを本職とするクリストファー・レンツが最有力か。確かにコスティッチと同様に攻撃力がウリのアリドゥも加わったが、まだここまで5試合のみの途中出場であり、CLでいきなりの先発デビューは考えにくい。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース