2022/10/14

フランクフルト:ボレが今冬移籍を希望?グラスナー監督は話し合う構え

©️IMAGO/Shutterstock

 昨シーズンではヨーロッパリーグ優勝のヒーローとなったラファエル・ボレだが、しかしながら今季アイントラハト・フランクフルトでは、バックアップ要員の1人にすぎない。今夏加入のランダル・コロ・ムアニの後塵を拝しているところであり、コロンビア人ストライカーは決して、この状態を受け入れたくはない模様。そのため母国では今冬移籍への希望も報道されており、すでにスペインのメディアではリーガ・エスパニョーラ、そしてイタリアのセリエAのクラブからの関心も報じた。

 当然のことながらクレーシェSDは売却を否定する発言をしてはいるものの、この状況を放置しておくことは誰のためにもならないこともまた事実。オリヴァー・グラスナー監督はこの問題に取り組みたいと考えており、これは彼にとって非常に厳しい状況だ。私自身20年間選手だったし、このことに満足していないことは理解している。しかし最終的にはチームのために彼がいてくれることが重要なのだ。もっと長い時間、彼とは話をするつもりだよ」と述べている。

 今季ボレはここまでブンデスリーガ9試合に出場し、そのうち5試合は途中からの投入で1得点をマーク。チャンピオンズリーグでは4試合全てで途中からの出場となっているところ。ボレとしては今、自らの手で事態を打開していくしかない。この役割を受け入れて良いパフォーマンスをみせ、再び脚光を浴びなくてはならないのだ。売却はクラブにとっては難しい判断だ。今夏に獲得したルーカス・アラリオは本調子にほど遠く、コロ・ムアニのバックアップはどうしても必要。とりわけ冬でも欧州の舞台にいるなら、なおさらだ。ただボレの不振が抜け出せないとなると、複雑な展開を迎えることになる。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース