2022/11/08

鎌田大地、ドルトムントがベリンガムの後釜候補に?

ソース:sport1

 マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督が、CLでの対決を前に「あの若さでボルシア・ドルトムントでキャプテンマークを身につけているんだよ」と高い評価を送った、ジュード・ベリンガム。まだ10代ながらドルトムントを牽引するパフォーマンスをみせるイングランド代表MFに対しては、すでにビッグクラブからの関心が寄せられているところだ。

 そんななかでドルトムントが「軽い接触」を行なったと、Sport1のパトリック・ベルガー氏がポッドキャストにて語った選手こそ、先日のアイントラハト・フランクフルトとの対戦でドルトムントを相手にゴールを決めた、鎌田大地である。W杯初戦で対戦する日本代表MFは、今季通算12得点をマーク。そのうちの1つはチャンピオンズリーグ決勝トーナメントへと導く、貴重なゴールでもあった。

 さらに同氏によれば、「フランクフルトは財政面で限界に達しているようで、それでも鎌田が延長するとなれば金銭面が理由ではなく気持ちの問題ということだけだろう。彼は確実にドルトムントのトップリストの中に入っている」とのこと。今月にはワールドカップという大舞台が待っている鎌田大地。フランクフルトとの契約は最終年度にあるため、このままならば来夏にフリーで移籍可能という状況にもある。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース