2023/07/28

フランクフルト移籍を熱望するニエル・エンクンク「決して諦めない」

©︎imago images

 以前よりアイントラハト・フランクフルトが関心を寄せている、ニエル・エンクンク。左サイドバックを主戦場とし、中盤でもプレー可能なフランスU21代表とは、すでにフランクフルトは選手と合意済みもサンテティエンヌとは妥協点を見出せていない。フランスメディアによればフランクフルト側からは移籍金として、600万ユーロが提示されたが断りが入れられているようだ。

 2021年にマルセイユの下部組織からエヴァートンに渡った同選手は、それ以降はスタンダール・リェージュ、カーディフ、そして今冬より半年間サンテティエンヌにレンタル移籍。そこで契約に含まれていた200万ユーロでの買い取りオプションが行使される形で完全移籍となったのだが、しかしながら仏紙レ・キップに対してエンクンクは「あまり嬉しくなかったね」とコメント。

 無論フランス2部20試合で6得点、8アシストをマークした22歳のユース代表選手を200万ユーロで買取ること自体は、決して驚きを覚えるようなものではないだろう。その結果で2年契約を締結することになるのだが、しかしながらこの半年間での活躍に加え、その後のU21欧州選手権でのパフォーマンスなどにより注目度を高めた選手自身としては、もはやフランス2部から巣立つ決心が固まっていたようだ。

 そんな中でベテランDFフィリップ・マックスと争える人材を模索していたフランクフルトからの誘いに、「すぐにOKした」とエンクンク。半年間での好パフォーマンスと、ここで移籍金をクラブに残していくことは「関係者全員にとってWIN WINじゃないかと思う」とべており、改めて移籍を諦めない姿勢を強調。「もし毎日移籍を口にしなくてはならないならそうするまで。決して諦めない。選手の意思に反した引き留めはフェアではないと思う」と言葉を続けた。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース