2022/11/21

デュッセルドルフ:テストマッチにティウネ監督も満足

©️IMAGO/Revierfoto


 
 ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメン、そしてブンデス2部アルミニア・ビーレフェルトとのミニトーナメントにより、これまで出場機会に恵まれていない、もしくは負傷から回復を目指す選手たちへの実践経験の場を提供したかった、ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのダニエル・ティウネ監督。しかしながらセキュリティ面での問題により大会は急遽中止に。 

 それでも土曜日にはブンデスリーガとの対戦は果たせなかったものの、昨季までブンデスリーガにいたビーレフェルトとのテストマッチが90分間に渡って開催された。そこでは70分以上プレーしたアンドレ・ホフマンをはじめ、ハーフをプレーしたヨルディ・デ・ヴィス、またクワドォー・バーやベンヤミン・ベックレはようやく長時間のアピールの機会を手にしており、「いいものが多く見られたね」と、指揮官はコメント。

 特に奇しくも開幕戦となったビーレフェルト戦にて肋骨を強打ししていたデ・ヴィスについては「メンタリティプレーヤー」が「彼らしいフィジカルなプレーで取り組んでいる」姿について評価している。一方でセカンドチームで20分にわたりゲストプレーヤーとして参加していた、マルセル・ガウスについては契約は検討していないために評価には至らなかった模様。

フォルトゥナ・デュッセドルフ フォルトゥナ・デュッセドルフの最新ニュース