2022/12/02

運命を分けた僅か数ミリの差、田中碧「これもサッカー」

©️AFP via Getty Images

 今回のワールドカップではグループEに属し、ドイツ代表やスペイン代表、コスタリカ代表とのいわゆる『死の組』に入った日本代表。だが蓋を開けてみればコスタリカ代表には敗れたものの、ドイツ代表とスペイン代表から勝利をおさめグループ首位で突破を確定させたのだ。特に今回のスペイン代表戦はドイツ代表戦の時と同様に、序盤で先制点を許す苦しい展開だったのだが、それから途中出場の2選手が再びジョーカーゴールを決めて逆転。

 とりわけその逆転ゴールとなった田中碧のゴールについては、当初は三苫がエンドラインを越えたという線審の判断により無効とされたものの、その後のVARの介入により数ミリが線上にあったとしてゴール扱いに。この僅かな差によって日本代表はこの試合で勝利をおさめ、もう1つの試合では4−2とコスタリカを下したドイツを抑えてのグループリーグ突破を決めたのである。

 なお得点を決めた田中は、ボールがラインを越えていたかどうかについては、正確にみてはいなかったとのことで、「仮にゴールが認められていなかったとしても、僕はがっかりはしなかったと思います」と正々堂々とみとめている。ただこれにより強豪国2つを抑えての首位突破に「みんな奇跡という言葉を使うんですけど、でも僕はそう思いません」と田中。

 「ドイツがコスタリカから3−2とリードを奪ってからは、特にスペインはあまり無理に攻めてこようという感じではなかった」との見方を示し、「僕たちとしては準々決勝に進出したことがないので、今度こそぜひ果たしたいと思っています。」と述べ、自身が現在プレーするドイツの脱落には、「こういうのもサッカーです」と冷静に答えた。

日本人選手の最新ニュース