2020/12/10

ウニオン、アンドリヒに3試合の出場停止処分


 先週金曜に行われたドイツ首都決戦ヘルタ・ベルリン戦において、相手MFリュカ・トゥサールの頭部を足で蹴ったことから退場処分を受けていた、1.FCウニオン・ベルリンのロベルト・アンドリヒに対して、ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は水曜、3試合の出場停止処分とする判断を下した。しかしながらウニオン側はまだこれを受け入れるかどうかは決めかねており、異議申し立ても検討中。
 昨季にクラブ史上初となるブンデスリーガ昇格を果たし見事1部残留へと導いたウアス・フィッシャー監督は、今季もここまで中盤争いを展開する順調なシーズンを過ごしてはいるが、しかしながら金曜の首都決戦では大黒柱マックス・クルーゼが負傷を抱えて8週間の離脱へと入っており、さらにここまでリーグ戦10試合で先発していたMFアンドリヒの離脱は非常に頭の痛い問題だ。さらにウニオンではゲントナー、シュロッターベック、ポーヤンパロ、ヒュブナー、ウジャーらも負傷離脱中という状況にある。 
 

1. FCウニオン・ベルリン 1. FCウニオン・ベルリンの最新ニュース