2022/03/29

アンソニー・ウジャー、2部が海外移籍も視野に


 月曜日に行われた1.FCウニオン・ベルリンでの練習後でも、アンソニー・ウジャーの表情は、この日に温かなな日差しを照らしたベルリンの太陽にように陽気なものだった。
 「今は何度かメンバーに入れてもらっていることに感謝しているよ。どれだけチャンスがあるか確かめたいんだ。今後のことへ不安になっているわけではないよ」と強調。「サッカーをプレーする事自体に、僕は感謝しているからね。続けられるかどうかさえ分からない時期もあったから。毎日が楽しい、ただただ楽しい」と言葉を続けている。
 膝の負傷に悩まされたウジャーは、2020/21シーズンで全休を余儀なくされており、2021年夏に2度目の手術を受けて、最終的には2021年11月から復帰。今年に入ってからはドルトムント戦、ヴォルフスブルク戦、バイエルン戦での出場も果たしているところ。ただそれでも激しい定位置争いから、今回迎える古巣1.FCケルン戦ではやはり途中出場が濃厚だ。
 その一方でウニオンとの3年契約も今夏で満了を迎えるところであり、ウジャーは「今のところはシーズン終了後に、クラブを後にすることになるだろうと想定している」とコメント。しかしながら現役生活についてはまだ数年はやれるとも感じており、ブンデス2部や、海外のクラブも選択肢であることを明らかにした。「もうちょっと実践を重ねられれば、本来の姿に戻れるかもしれない」
 

1. FCウニオン・ベルリン 1. FCウニオン・ベルリンの最新ニュース