2022/7/24

フライブルク、ミヒャエル・グレゴリッチュが足首を負傷


この夏の移籍期間中では特に、オフェンス面でのテコ入れをはかったSCフライブルク。一方でケヴィン・シャーデやルーカス・ヘーラーといった負傷組は引き続き離脱にあるものの、さらにこれにもう1人、別の名前が加わることになるかもしれない。土曜日に行われたレーシング・ストラスブールとのテストマッチにて、3セットによる45分間の試合形式の1つ目の終了後、ミヒャエル・グレゴリッチュはそのままロッカールームから戻ってくることが叶わず、「相手が足を伸ばしてきた際に足首をやられてね。靭帯が切れていないことを願うよ」と、シュトライヒ監督はコメント。まもなくして迎える今季最初の公式戦、ドイツ杯初戦カイザースラウテルン戦での出場については、これから見極めていくことになる。
さらにローランド・サライも引き続き離脱を余儀なくされているところ。ハンガリー代表はストラスブールとの試合では、筋肉系の問題により不在となっており、「おそらくはギリギリといったところだろう。まずは水曜日に様子をみてみないことには」とシュトライヒ監督。その一方で今夏加入のダニエル・コフィ・キェレーについては、背中の問題と筋肉の硬化を経て今回の試合の15分間でプレー。特に3−3とする見事なヘディングシュートを決めたが、ただ賛辞をおくった指揮班は「まだ時間が必要」と強調。おそらくは引き続きベンチスタートということになるだろう。

SCフライブルク の最新ニュース