2022/08/21

フライブルク、エッゲシュタインが尺骨と橈骨を骨折

©︎IMAGO:Sven Simon

 VfBシュトゥットガルトとのダービーを制したSCフライブルクではあるものの、ただマキシミリアン・エッゲシュタインが尺骨と橈骨を骨折していたことが明らかとなった。試合後にクリスチャン・シュトライヒ監督は、その終了間際に治療を受けていたマキシミリアン・エッゲシュタインについて、「あの状態でプレーし続けたなんて」と驚愕。

 「ロッカールームに座っていて、大丈夫。我々は勝利したんだと伝えたよ」と明らかにしたが、ただこれまで公式戦4試合全てでフル出場してきた25歳のMFが、はたしてどれほどまで欠場を余儀なくされることになるかについては、今のところはまだはっきりとはしていない。

SCフライブルク SCフライブルクの最新ニュース