2022/11/09

ドイツ杯決勝の再戦、好調ライプツィヒ戦に臨む好調フライブルク

©️picture alliance/dpa

 「ライプツィヒには緊張感、そしてワクワク感をもって向かうよ」と語った、SCフライブルクのクリスチャン・シュトライヒ監督。今年の5月にはドイツ杯決勝でタイトル獲得目前に涙を呑んだ悔しい記憶もある相手だが、「リベンジという気持ちはゼロだね」と指揮官。改めてそれまでの戦いについて「十分に美しいものだ」と強調しており、また今季もここまでの戦いではブンデス2位。ヨーロッパリーグとドイツ杯でも越冬することに成功した。

 とはいえ相手のライプツィヒについても「彼らはまた、良い雰囲気にあるよ」と警戒心を強めており、とりわけそれはブンデス得点王に立つクリストファー・エンクンクのみならず、「非常に状態がよく、チーム全体的に存在感がみられているよ」とシュトライヒ監督は指摘。先日のホッフェンハイム戦での勝利や、CLではレアルを相手に黒星をつけるなどを挙げている。ただ今回の遠征ではダニエル・コフィ・キェレーが感染症のために欠場。当初は筋肉系の問題も抱えており、週末のケルン戦の出場も「大きな疑問符がつく」という。

SCフライブルク SCフライブルクの最新ニュース