2020/08/16

夏季準備期間も長期離脱続く、グラードバッハ主力3選手


 今夏では2つのテストマッチで余裕の勝利を収めているボルシア・メンヒェングラードバッハではあるのだが、しかしながらその一方で3人の主力選手の離脱が続いたままとなっており、それは短期的に変化を期待できるようなものでは無い。
 中盤における起爆剤としてそのダイナミズムさは重要な要素となっているデニス・ザカリアは、膝の手術を受けたためにシーズン終盤から離脱が続いており、9月からのシーズン開幕での復帰も暗雲が立ち込めているところ。
 そのザカリアと同様に体づくりに勤しんでいるのがオフェンスの頼れる存在、マーカス・テュラムである。こちらは足首に手術を受けており、復帰時期についてマルコ・ローゼ監督は「完調までにはまだしばらく時間がかかるだろう」と述べるにとどまった。
 同じくオフェンスの主力でありポリバレントさも併せ持ったアラサン・プレアについても、我慢の時が続いているところであり、筋肉系の問題を抱えるフランス人FWのその度合いについてはいまだ明らかとなっていない。ただし間も無くしてフルメニューをこなすところまで回復する見通しとなっている。
 

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース