2021/02/16

ローゼ監督、来季ドルトムント就任。ヴァツケ氏「嬉しく思う」


 決断は既に下された。重要な交渉は全て行われ、来夏からの契約書へのサインはもはや形式的なものでしかない。kickerが得た情報によればマルコ・ローゼ監督は、ボルシア・ドルトムントと来季より3年契約にて加入することになる。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「マルコ・ローゼ氏がドルトムント入りを決断してくれたことを、非常に嬉しく思っている」とコメント。ただ「現在はボルシア・メンヒェングラードバッハの監督を務めており、両クラブともまだシーズンの半ばにいる」ことから、敬意を表してこの件に関するコメントはシーズン終了後まで控えさせていただきたい」と述べた。
 2019年にRBザルツブルクからグラードバッハへと加入し、魅力的なサッカーを展開してCL復帰、さらにGL突破と結果を残しているローゼ監督は、ドルトムントが掲げていた後任監督像へまさにマッチした指揮官だと言えるだろう。44才のオーストリア人は気迫のこもったパワーサッカーを信条としており、チームを牽引することができ、自身のアイデアを説明し目標へと邁進させることができる。また公の場に対してもアピールができ、ユーモアもあり、また嫌なことでも真実を口にできる勇気も持ち合わせている監督だ。
 

ボルシア・ドルトムント ボルシア・ドルトムントの最新ニュース