2022/7/11

ノイハウス、今夏のグラードバッハからの移籍は「頭にない」


 この夏の準備期間においてボルシア・メンヒェングラードバッハの中でも、熱意とエネルギーにあふれ新シーズンへの期待感がひしひしと伝わってくる選手が、フロリアン・ノイハウスだ。ファルケ新監督の下でポゼッションサッカーを目指していることは、ドイツ代表として10試合に出場しているMFにとってプラスに働くとみられており、「今回の新システムは、自分の強みをピッチで発揮するのに役立つものだと思うよ」と、kickerに対してコメント。「トータルパッケージでも、全体的なアプローチという点でも気に入っている。プレーに対する考え方、練習へのアプローチ、全てがマッチしているように思うんだ。話し合いの中で合点がいく自分に気づくよ」
 そして「今は総じてとてもポジティブな雰囲気だと感じる」というが、「昨シーズンは僕も含めて全体で満足のいくものではなかった」と述べ、改めて「自分の持っているクオリティをピッチで再び発揮すること」、そして「昨季はコンスタントにそれができなかったので変えていきたい」と宣言。その先には今冬開催のW杯参加を見据えており、「全ての選手の夢であり、そのためには今はまずはパフォーマンスを発揮することだよ。それからだ」と語り、今夏の移籍についても「何が起こるかわからないものだけど全く頭にはない。思うところがあって2024年を選択した」と言葉を続けた。
 

ボルシア・メンヒェングラードバッハ の最新ニュース