2022/08/15

グラードバッハ:絶好調テュラム延長めざすも、後任人事にも着手

©︎IMAGO:PanoramiC

 ドイツ杯初戦では3得点1アシスト、ブンデスリーガでは2試合で2得点1アシストの活躍をみせているマーカス・テュラムについては、通常であれば契約最終年度にあるボルシア・メンヒェングラードバッハとしては、この夏に延長か然もなくば売却かの選択に迫られるところ。しかしながらこれほどの活躍をみせては、多少の金額程度ではむしろ売却の割に合わないとう疑問も生じてくる。

 とはいえ後任人事にも着手していることは事実であり、スカイに対してヴィルクスSDは「ポリバレントでスピードがあり、深い位置に侵入していける選手が必要だ」と、求める選手像について説明。それは例えば噂に上がっているディオン・ドレナ・ベリョ(NKオシエク)とは異なり、フランク・オノラ(スタッド・ブレスト)がマッチしたタイプだといえるだろう。26歳のアタッカーは昨季リーグ戦34試合で11得点を記録しているが、ヴィルクスSDはあくまで具体的な名前をあげようとはしなかった。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース