2022/08/17

主将シュティンドルがチーム練習復帰、板倉滉らは明日から再開

©︎imago images

 ボルシア・メンヒェングラードバッハのダニエル・ファルケ監督の目には、復帰をめざすラース・シュティンドルから明らかな進展がみてとれた。ドイツ杯初戦にて大腿の筋膜を損傷したキャプテンだが、再びチーム練習へと参加を果たしており、これまで部分的に組み込んでいた手法が功を奏する形で問題なく取り組んでいるところ。

 そのため金曜夜に控えるヘルタ・ベルリン戦では、メンバー復帰に向けて障害はなくなった。「少なくともメンバー復帰の可能性はあるよ」と練習後に語った指揮官。ただ「ラースがチーム練習復帰をするのは、本当は来週の予定だったのだよ。今日は最初の一歩をしっかりと踏み出せた。それがこれからどう反応していくのか見極めていく必要がある」とも付け加えている。

 その一方でラミー・ベンセバイニ、板倉滉、ニコ・エルヴェディがリカバリーメニューをこなす姿が見受けられた。いずれも「軽傷」を抱えてはいるものの、「許容範囲内」の話であり、「いずれかの選手が長期離脱するような事態は危惧していない。3人とも明日はフルメニューをこなす予定だ」とファルケ監督は語った。なお膝の負傷のために前節を見合わせたトルベン・ミューゼルについては、火曜からチーム練習再開を果たしている。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース