2022/10/13

グラードバッハ:クラマーの負傷に続き、コネも個別調整

©️MAGO/Nordphoto

 ケルンとのラインラントダービーを制したボルシア・メンヒェングラードバッハの選手たちを、水曜日の練習場ではおよそ200人のファンたちが温かく迎え入れていた。しかしその試合に出場していたクリストフ・クラマー、そしてクアディオ・コネは不在。

 そのケルン戦にて開始直後に足首を捻っており、その後に被膜の損傷と外側側副靱帯の前部の部分断裂が判明。そのため今度のヴォルフスブルク戦での出場は絶望的となっている。「大きな疑問符がつくというところだ。ただ我々としてはなんとか間に合うようにあらゆる手を尽くすよ」と、ファルケ監督はコメント。

 ただコネに関しては少なくともピッチ上には姿を見せており、チーム練習参加は見送って個別調整に勤しんでいた。「マヌは日曜日にふくらはぎへ打撲を受けていてね。近日中に合流して土曜日にもいけるよう期待している」と指揮官。またこの日の練習ではジョー・スカリーが早めに切り上げたが、こちらは念の為の措置だったとのこと。「この前の試合で痙攣を起こしていたのでね。でも次戦までには視界は良好だ」

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース