2022/10/25

グラードバッハ:板倉滉の回復経過に、日本代表もドイツ代表も注目

©️IMAGO/Eibner

 軽めのトレーニングは既に再開した。だが板倉滉が年内のうちに、ボルシア・メンヒェングラードバッハのユニフォームを着て、再びピッチに立つことはない。ただそれでもワールドカップ出場の夢が既に絶たれているというわけではないようだ。

 この夏にボルシア・メンヒェングラードバッハに加入して以降、当初は思惑通りに事は運んでいったのだが、ただ9月はじめのトレーニング中に膝の靭帯を損傷して以来、板倉はここまで離脱が続いている。

 そしてダニエル・ファルケ監督によれば11月20日に開幕する冬季開催のカタールW杯までには、板倉滉が再びブンデスリーガでプレーすることはないという。ただそのワールドカップ自体における出場には、どうなっていくのか。

 板倉はその柔軟性から、日本代表のプランにおいて非常に重要な存在となるはずだ。ボランチとして起用可能で、センターバックとして印象深く、昨季はブンデス2部のトッププレーヤーとしてFCシャルケ04の昇格に大きく貢献。

 今季よりグラードバッハに就任したファルケ監督も、早々からディフェンスのストラテジストを重用しており、今も脆弱な守備陣の立て直しへ期待を寄せているところ。「彼は最初のランニングを終えて、順調に進んでいるところなんだ」と指揮官。

 金曜日には痛めた膝に保護器具を装着してのランニングが見受けられており、この人事は日本代表とワールドカップ初戦で対戦する、ドイツ代表ハンジ・フリック監督も見逃せないテーマであろう。実際に今夏シャルケに加入した吉田麻也と共に、ここのところは板倉が起用されており、W杯でも日本の防波堤となるのか?

 一方でこの回復ぶりをおそらくは、グラードバッハ陣営では複雑な思いで見守っているのではないか。きっとクラブ側の希望としてはこのまま、慣れ親しんだこのエリアにとどまって復帰を目指し続けていき、そして年明けのリーグ戦再開時に出来うる限り復調した姿でピッチに立ってもらいたいと切に願っているはずだ。

 ただこの負傷によりもしもW杯の夢が絶たれたならば、板倉自身にとってはあまりに辛いこと。いずれにせよ、もう間も無くしてその判断は下される。そして伝えられるところでは森保監督は、どうやら仮にこのまま実践経験を積めずとも、試合でプレーできる見込みとなれば指名する意向のようだ。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース