2023/03/16

グラードバッハ、ブレーメン戦に向けオムリンらGK揃い踏み。

©︎IMAGO/Eibner

 週末のブレーメン戦に向けた火曜日の練習再開時、ボルシア・メンヒェングラードバッハのピッチには、ヨナス・オムリンの姿が見受けられなかった。ただその時点でダニエル・ファルケ監督は、打撲を抱えるトビアス・シッペルと同様に「順調にいけば水曜の練習からは戻っているはずだ。そうなれば3人ともGKは揃い踏みとなる。でも金曜の試合で誰が起用されるかはわからないいがね。後の方までずれ込むことだろう」と言葉を続けていた。

 もう1人のGKヤン・オルショウスキーは親指の負傷と胃腸の不良から火曜日より復帰を果たしており、3週間ぶりの参加にも関わらず目立った問題も感じさせず練習を終了。「とても良い感じだったね。ブレーメン戦に向けて、体がうまく対応してくれればベンチ入りしている可能性は高い」と指揮官も目をほそめる。そして水曜日には希望通りに前述2GKが復帰を果たしており、「もし今日の練習でうまくいって最終調整もこなせれば、ヨナスはうちの先発GKなんだ」と語った。

出場停止のベンセバイニが謝罪

 その一方で左サイドバックのラミー・ベンセバイニについては欠場となる。フライブルク戦での終盤に自らの愚行により2枚の警告を受け、2試合の出場停止処分と1万5000ユーロの罰金命令を受けていたアルジェリア代表は、自身のインスタグラムにて「チームに迷惑をかけたことを大変申し訳なく思っている。決して誇ることなどできないような姿をみせた、自身の行動について謝罪したい」と投稿していた。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ ボルシア・メンヒェングラードバッハの最新ニュース