2022/09/17

室屋成:代表戦直前に1得点1アシストも、顔に骨折を負った可能性

ソース:Bild

©️IMAGO

 金曜夜に行われたブンデス2部SVザントハウゼン戦では、ハノーファー96の室屋成が全3得点に絡む活躍を披露、決勝点となったゴールと先制点へのアシストで、3−2での勝利の大きく貢献していた。だがそんな中でロスタイムに不運が襲う。相手選手アブ・ベキル・オメル・エル・ゼインの足を顔面に受けた右サイドバックは流血により、そのまま治療を余儀なくされたのだ。

 それでもプレーを続けた室屋はロスタイム10分に、さらにレオポルドへと絶好機をお膳立てしてみせるも、試合終了後には激しい頭痛を訴えて即座にハイデルベルク近くの診療所へと搬送されたことが、ドイツの大衆紙ビルトによって報じられている。その中でライトル監督は「かなり強い痛みがあったようだ」とショックを受けた様子で話していたとのこと。

 さらに「鼻骨が折れているかもしれない。出血がおびただしく、まずは検査をしてそれ以外にも負傷がないかどうかを見なくては。無論そうではないことを切に願うが」と言葉を続けており、特に室屋にとってはこれからドイツのデュッセルドルフにて行われるが日本代表戦で、昨年11月以来の出場を視野に入れていた所だが、同紙によれば頬骨を骨折した可能性もあるという。
 

ハノーファー96 ハノーファー96の最新ニュース