2022/09/28

鼻骨骨折で日本代表辞退の室屋成、保護マスク装着で練習参加

ソース:Bild

©️imago

 ブンデス2部ハノーファー96で行われた火曜日の練習では、室屋成が特殊な保護マスクを装着して練習する様子が、クラブ公式にて伝えられていた。代表戦直前に行われたブンデス2部SVザントハウゼン戦にて、1得点1アシストとMOMに輝く大活躍をみせていた右サイドバックだったのだが、そのロスタイムに相手選手の蹴りを顔面に受けて負傷。鼻からのかなりの出血も見受けられたが最後までプレーし続け、ロスタイム10分にはもう少しでアシストという場面も演出。しかしながらその後には強い痛みを訴えて近くのハイデルベルクの大学病院へと搬送されていた。

 そこでの検査結果にて当初より想定されていた鼻骨の骨折以上に、例えば脳震とうや頬骨の骨折などのような負傷は確認されず、その日の夜には既にハノーファーへと親指を立てて帰還する室屋の写真つきでクラブ側は報告。ただそれでもドイツ・デュッセルドルフにて行われた日本代表のテストマッチ、アメリカ代表戦や本日行われていたエクアドル代表戦での参加は辞退せざるを得なかった。

 ドイツの大衆紙ビルトによればその保護マスクはプレキシガラスにて保護される仕組みとなっており、そんな室屋の現状についてシュテファン・ライトル監督は「今の方が良いんじゃないか?なんて茶化す人もいるよ」と笑顔をみせながら語ったとゆう。なおハノーファーの次節は今週は金曜夜開催となっており、ハンブルガーSVとの北部ダービーが控えているところだ。

ハノーファー96 ハノーファー96の最新ニュース