2022/09/30

好調ハノーファーの朗報:室屋成が復調、バイアーは様子見

©️IMAGO/Jan Huebner

 ここのところは6試合で勝ち点16を確保、ブンデスリーガ昇格圏内までを射程距離にとらえ、今回の代表戦期間明けでは首位ハンブルガーSVとの直接対決へと臨む、ハノーファー96。シュテファン・ライトル監督は、「ぜひいい試合をしたいね。とて楽しみにしているし、きっと最大限後からを発揮してくれることだろう」と期待。

 とくに前節では1得点1アシスト、マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍をみせながらも、試合中に鼻骨を骨折し病院へと搬送されていた、室屋成がおそらく保護マスクを装着して戦列復帰できることも、チームの勢いを後押しするものだろう。「練習では接触がない時は装着していないが、実戦形式ではもちろん着用していた。ヘディングの時には、マスクの分だけ明らかに良い感じだね(笑」と冗談を織り交ぜつつ、練習では「ヘディングでのゴールこそなかったものの、センタリングに積極的に反応しており、マスクの着用にかかわらず彼はプレーできる状態だよ。判断は彼次第だ」との考えを示している。

 一方で攻撃陣ではマキシミリアン・バイアーが、ドイツU20代表では先週金曜の試合に出場するもその後に体調を崩しており、今は復調してはいるもののまだ練習場ではその姿が見受けられていない。そのためハンブルクとの直接対決に挑むにはまだ、フレッシュさが不足している可能性もあり、「当然のことながら彼についても、十分に体調を整えて、ぜひ出場してもらえればと考えてるよ」と語った。

ハノーファー96 ハノーファー96の最新ニュース