2021/06/07

ヘルタ、ヴォルフスブルクからパブロ氏を引き抜き


 これまでVfLヴォルフスブルクのユースセンターを取り仕切っていた、パブロ・ティアム氏が来月1日より、同じブンデスリーガのヘルタ・ベルリンへと移籍することが明らかとなった。
 2003年からは選手として、そして引退後は取締役のアシスタントや、セカンドチーム、2018年からはアカデミーを取り仕切っていた47歳は、かねてより居を構えるベルリンを拠点とするヘルタ・ベルリンで同職へと就任。ベンヤミン・ウェーバー氏との二人三脚で取り仕切っていく。
 ヴォルフスブルクのシュマッケ氏はkickerに対してこれを認め、「これだけ長くここにいて、新しいことに挑戦したいという気持ちになることは理解できる」とコメント。またティアム氏も新天地が「待ちきれないよ」と喜びをみせた。
 

ヘルタBSC ヘルタBSCの最新ニュース