2022/01/14

ヘルタ、コロナ禍の影響で8330万ユーロのマイナス


 ヘルタ・ベルリンもコロナ禍の影響を受ける形で、大幅な財政赤字を計上したことが明らかとなった。財務担当のインゴ・シラー氏によれば、2020/21シーズンの損失額は8330万ユーロにまで上っており、これは2019/20シーズンに計上した5900万ユーロよりも2500万ユーロ近くも上昇をみせている。
 売上高は1億1450万ユーロ、支出額は1億9780万ユーロとなっており、「およそ赤字の半分はコロナによる影響、そして残りの半分が過年度の投資によるもの」とのこと。過去2シーズンにおけるコロナによる影響は、1億ユーロの収入減を生んだと考えているところだ。
 ただそれでもなお、財政的には安定していることも強調。「これは、テナー・グループの投資のおかげです」とシラー氏。投資家ラース・ヴィンドホルスト氏からの資金投入は、2019年参画以来のべ3億7400万ユーロにまで及んでおり、自己資本は6550万ユーロから、2億1220万ユーロへ。負債は1億4180万ユーロから9970万ユーロとなっている。
 

ヘルタBSC ヘルタBSCの最新ニュース