2022/06/02

ヘルタ・ベルリン、サンドロ・シュヴァルツ監督の招聘を発表


 既報通りサンドロ・シュヴァルツ監督がフェリックス・マガト暫定監督の後を受ける形で、来季よりヘルタ・ベルリンにて指揮をとることが明らかとなった。2017年からおよそ2年間マインツで指揮をとり、直近ではディナモ・モスクワの監督を勤めていた43歳のドイツ人指揮官との契約期間は、2024年6月末日まで。キッカーではすでに5月26日の時点で合意報道を行なっていた。
 ボビッチ競技部門取締役は「ヘルタ・ベルリンの新指揮官を模索していく中で、私はプロとしての資質のみならず情熱といった部分も重視していった」ことを強調。「サンドロは1.FSVマインツ05やディナモ・モスクワにおいて、それら全てをみせていた人物だよ」と評価している。「その個性と、アクティブで攻撃的サッカーによって、ピッチの内外に渡り絆を構築していくことができる。それがヘルタ・ベルリンに求められていることなんだ」
 一方のシュヴァルツ監督は、「フレディ・ボビッチ氏とはとても良い、集中的な話し合いができた」と明かし、「オープンかつクリアにしていくこと」の重要性を強調。そして「ヘルタ・ベルリンの新たなスタートを切る手助けをしていきたいと、高いモチベーションをもって臨んでいる。クラブは困難な時期を乗り越えてきたところだ。取り組みと喜びと情熱をもっていい方向に変えていきたい。心からそう思っている」と意気込みをみせた。
 

ヘルタBSC ヘルタBSCの最新ニュース