2019/08/01

シュロイダー監督「スコフは大きな才能」


 右ウィングから、内側へと切れ込み、そして左足から放たれる強烈なシュートでゴールネットを揺らす。そんな光景を幾度となく見せつけてきたアリエン・ロッベンがバイエルンを後にした、この夏。
 TSGホッフェンハイムでは、そのロッベンと同じスタイルで、デンマーク1部史上最多シーズン得点記録をマークした、アルフレッド・シュロイダー監督が「大きな才能」と評する23才、ロバート・スコフを獲得した。「彼を迎え入れることができてとても嬉しいよ」と指揮官。
 一方のスコフも「右ウィングから仕掛けていくことを好むし、僕は直線的なアグレッシブな選手だ」とコメント。仮に普段から採用する3−4−3システムであれば3トップの右側、そうじゃなければシステムによって起用法も異なることもある。
 「とにかくプレーしたいと思っている」と意気込みをみせた、スコフ。その表情には落ち着き、フレンドリーさ、そして少し陽気な部分も垣間見せており、これからはここドイツ、ホッフェンハイムの地にて、さらなるキャリアのステップアップを果たすために戦っていく。
 

TSGホッフェンハイム TSGホッフェンハイムの最新ニュース