2022/7/13

課題のCBの補強が進まない、ホッフェンハイム


 この夏の移籍市場では数週間前より、TSGホッフェンハイムはセンターバックの補強に注力していた。特に1.FSVマインツ05のムサ・ニャカテの獲得に力を注いでいたものの、最終的にプレミアリーグのノッティンガム・フォレストへの移籍を選択。豊富な資金力を背景に移籍金1000万ユーロをマインツに、さらにニャカテには高額なサラリーを提示することができたのだ。
 そのためホッフェンハイムは軌道を修正し、レーシング・ストラスブールからアレクサンデル・ジクの獲得を模索。メディカルチェックをクリアするなど獲得間近のところにまで迫ったのだが、しかしながらコンサルタント料をめぐる意見の食い違いから土壇場で交渉は破談に終わった。一方で過去2度に渡りバイエルからレンタルしていた、クリス・リチャーズは継続して候補となっているものの、ただこちらにも富裕なプレミアリーグの影が見え隠れしている。
 

TSGホッフェンハイム の最新ニュース