2022/7/30

ホッフェンハイム、主将に引き続きヒュブナーを指名


 TSGホッフェンハイムでは今シーズンの引き続き、ベンヤミン・ヒュブナーが主将を務めることが明らかとなった。ただ足首の負傷で1年半ほど棒に振ったベテランDFは、その後には今度は背中の負傷により早期にシーズンを終了。そのためこの現状から脱却し、ピッチ上でチームを牽引する姿を再び見せる事が期待されているところ。
 その両脇を副主将として固めるのが、GKオリヴァー・バウマンとFWアンドレイ・クラマリッチという攻守の2本柱であり、さらに選手評議会には上記3選手に加えて若手で台頭著しいクリストフ・バウムガルトナー、そして今夏加入のグリシャ・プレーメルを、アンドレ・ブライテンライター新監督は任命した。
 

TSGホッフェンハイム の最新ニュース